FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は生きているぞ、チビ隊長

お久しぶりのブログ更新。前の更新から3年ぶりですね。
ツイッターがあればブログなんていらねーし。

と言いたいところだけど、やっぱり定期的に文章をまとめて残しておくのは大事なのかなー、って過去のブログ見て思った。
ちょっと過去のブログの振り返りと、現状についていろいろ書いていきたいとおもいます。
だいぶ長いよ。

続きを読む

叛逆ストーリー書き出し

叛逆ネタバレ 11/27 4回目鑑賞にともない台詞などを大きく補完

続きを読む

せやな

世の中の理不尽の30%くらいは「せやな」で受け流せる。
ここ最近の近況とか思うところとか書くよ。

続きを読む

そこにある現実

僕らが毎日生きているこの世界はいわゆる現実の世界ですけど、でも僕らが見ているものが現実とは限らないんですよね。

現実を見ているようで、自分の感情や思い込みというフィルターを通してかなり歪曲された映像を「事実」や「現実」と勘違いして見てしまっている、ということが多い。
というよりも、現実をありのままの形で見ることができる人間なんていないんじゃないでしょうか?

現実をありのままの形で見る方法、それは人間としての感情やそれからくる偏見や思い込み、そういったものを全て排除することだと思います。
そんなことができる人は、本当に人間なんでしょうか?

とはいえ、「現実」はいつも僕らの目の前に存在しています。
目を開けばそこにはいつも現実があります。どうしようもない現実が存在しています。

例えば、誰にも愛情を向けられず、人間として扱ってもらえず、モノのように扱われ売り買いされ惨めに誰にも求められず死んでいく人間がいる、そんな現実が世界のどこかであるとします。
それを、そんなこと残酷だ、あってはならない、ありえない、そんなふうに、感情で否定しても目を向ければその現実は確かにそこにあります。

その現実を見るか見ないかは自由だし、冷たいと感じるか、暖かいと感じるか、それは人間が感情というフィルターを通して判断することです。
現実は厳しくも優しくもない。いつも「そこにある」だけです。

だから、「現実は甘くない」「現実は辛く厳しい」と言うのも「現実はそこまで厳しくない」というのも、どちらも正しいかどうかというのはちょっと決め兼ねることなんですよね。

現実って、選べるものなんだと思います。
すべて自分の都合のいいように、とは流石に行きませんが、少なくとも、人間は選択することができるはずです。
どの現実をとるか、どの現実を捨てるか、どう受け取るか。

現実は形を変えることも逃げることもない。ただそこにあるだけです。
その現実をどう選択するか。

人生はそれにかかっているのではないでしょうか。

続きを読む

ツイート削除、ブログ再開

今日からブログを再開します。主に同人活動の宣伝や、これまでツイッターでたまにマジメになってつぶやいていたようなことをこちらで書いていこうと思っております。


今日の昼ごろ、ツイッターに三万ツイートほどあったこれまでのツイートを、リプライを除き削除しました。突然のことで驚かれたフォロワーさんもいらっしゃるだろうし、申し訳ないと思っております。
とりあえず、ツイートを削除した事と、久しぶりにブログを再開した事の理由について述べておこうと思います。

続きを読む

プロフィール

ジュドウ

Author:ジュドウ
ここでは同人サークル「サルサボックス」の宣伝や普通のブログなどを書いていきます。一応18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
pixiv/
ツイッター/

絵茶/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。